「200万円」で購入した「築42年」の「中古一戸建て」を「低予算」で「好きなものに囲まれた暮らし」を目指して、リフォームしたお話「第7回」。

「200万円」で購入した「築42年」の「中古一戸建て」を「低予算」で「好きなものに囲まれた暮らし」を目指して、リフォームしたお話「第7回」。

※画像1「勝手口」は、約3万円で購入したアメリカンヴィンテージの「木の扉」を上下を切断して嵌め込み、取っ手と鍵を取り付けた。当初はグリーンの扉を探していたが、クリームホワイトで剥げかけのペンキが良い味。


【続・防暑/防寒対策。ドア・窓回りをオシャレに、コスパ良く仕上げよう】


「撮影スタジオ兼、保養所」となる本物件(通称ピロレスタジオ)は、勝手口が道路側なので、建物の「顔」は勝手口でした。


元は「アルミ扉」だったのですが、岡山県のSTAGEさん(フランス・アメリカヴィンテージ)で、意中の「扉」と出会いました。


アメリカらしい、剛健な厚みのある木の扉。


岡山は平野が広い。土地も余裕があって、倉庫店も多い。AXCISさん(イギリスヴィンテージ)など、ヴィンテージ家具巡りも楽しい。



ちなみに当店は広島の三角州を反映したような、ささやかな店舗スペースですが、北欧家具も若干あります。探している北欧家具なども、お気軽にご相談ください。


※画像2「吹き抜けリビング」の扉は、元々この家の応接間に使われていたものを移設。重厚感と色味、金具のアンティーク感も良い味を出していたので、再利用した。



「ペンキ風のホワイト」の壁紙も、相性良かったのかもしれません。



※画像3「キッチン・ダイニング」の扉も、そのまま残した。こちらも重厚感と色味、金具のアンティーク感も良い味を出していたので、違和感なくハマりました。


壁紙、床、天井。そして何よりも設置している多くの家具や、北欧家具が、同系色の「ミディアムダークウッドカラー(チーク、ダークチェリー、マホガニー、アカシヤ、経年変化したオークなど)」だからでしょうか。既存の扉と建物が上手く融合しました。



カラーコーディネートの基本となる「同系色でまとめる」の説得力を実感した気がします。



※画像4「玄関の扉」は、カバー工法。こちらも「第6回」に掲載した「内窓」のフレームと同色。



「玄関の扉」はメーカー現行品の新品。実際にお客様を迎える玄関口なので、機能性も重視しました。



玄関に網戸があると便利なことに改めて気付かされます。風通しは玄関は大きく開けられるから大切なんですね。


但し、「第6回」窓でお世話になった営業さんに教えて貰ったのですが、こちらもグリーンポイント対象とのこと。


玄関を施工した工務店さんは、対象期間中に施工したのに、それらの説明は一切なく、他社の説明で知ることに。


きちんと説明してくれることが信頼に繋がるのだなと、自分の仕事でもお客様にしっかり説明出来る心掛けようと改めて思います。


業者選びは本当に大切ですね。



※画像5「借景は隣家の畑」。とは言っても、畑の向こうは「崖」。家はない角地だ。「里芋」の成長ぶりにびっくり。ご近所さんが育てる野菜の成長を見るのも、四季を感じる景色の楽しみ方かもしれない。



こちらの部屋の「窓」は、建築当時のものではなく、リフォームされていたので、とりあえずは様子見です。


※画像6「目隠し」には、遮光/遮熱生地の「ロールスクリーン」を施工。取り付けは、カーテンレールを敷設するより楽に感じた。


カーテン選びも楽しいけど、今回は束ねたカーテンや、カーテンレールのない、より「スッキリ」とした空間を目指しました。


ロールスクリーンは寒いという意見もありますが、突っ張り棒など、窓フレームの内側に施工すると、構造上「隙間」が出来るのが理由の1つ。


窓フレームの外側上部に、サッシを覆うスクリーン幅で「隙間なく」設置すれば、しっかりと効果を得られると思います。


掃き出し窓4枚を覆うスクリーン(幅約180cm×高さ約230cm)を「2枚」、「遮光/遮熱」の、グレードの高い生地を選びましたが、合計約37,000円(税込)程度でした。1つ辺り約18,500円です。


同面積を覆うカーテンを買うより、コスパも優れた結果に。


ということで、今回の記事に登場した「扉」と「窓」のリフォームは、かなりの低予算で実現出来ました。



第8回は【家具は資産。家の印象を決定付けるマストアイテム。存分にこだわろう。】を掲載したいと思います。



「ピロレイッキライフスタイル」アカウントやURLは以下となります。よろしくお願い致します。


instagram @piroleikki_lifestyle

ブログ https://piroleikkilifestyle.com


ピロレイッキ(北欧雑貨)instagram @piroleikki

Pier Lokki 桟橋カモメ(工芸品・ギャラリー)instagram @pierlokki

ピロレイッキのオンラインストア https://piroleikki.co.jp/